2010年03月31日

神経形成を促進する機能も=温度感知たんぱく質−群馬大大学院(時事通信)

 温度を感知するたんぱく質として知られるTRPV2センサーに神経形成を促進する機能があることを、群馬大大学院医学系研究科などの研究チームが31日までに、マウスなどを使った実験で発見した。論文は米科学誌ジャーナル・オブ・ニューロサイエンスに掲載された。
 柴崎貢志同大学院講師は「TRPV2センサーの働きを把握し、100%活性化できればリハビリ効果を高められる。損傷した神経の再生につなげることもできる」としている。 

【関連ニュース】
メラトニン遺伝子変異で雄が早熟=体内時計担うホルモン
強度、伸縮性優れた合金開発=医療や耐震などへ活用期待
絶縁体で電気信号伝達=パソコン8割省電力化も
太陽の両極に強い磁場=黒点のもと、活動期予測に
ワサビの辛みで老化防止?=健康食品などに応用期待

鳩山首相の金銭感覚、政治家としてどうなの?(産経新聞)
<明石歩道橋事故>遺族「補充捜査を」 要望書を提出(毎日新聞)
「執行部は国民に謝罪を」 解任撤回で民主・生方氏(産経新聞)
普天間、調整難航は確実=岡田外相が28日に訪米(時事通信)
<名古屋市長>臨時議会を検討…議会改革に論点絞り(毎日新聞)
posted by マエカワ アキラ at 11:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。